”大切な人の死”

それは予期せず、突然訪れるものです

そして、”自分の死”も然り

 

 


そんな事態に直面した場合、パソコンや携帯電話に存在する遺すべき情報や遺したくない情報は、誰がどのように処理するのでしょうか?昨今の日本では、人生の終点を意識して、人に迷惑をかけずに人生を全うするために、”終活”を行うことが一般的になってきています。そして、各新聞社や放送局で取り上げられている様に、”終活”の中でも、デジタルに関わる個人情報や資産管理などを含む、”デジタル終活”が大きく注目されています。

当社、データサルベージは、20年間以上、お客様の大切な情報を復旧させる、”データ復旧事業”に取り組み、その復旧技術を元に、お客様が安心して日々の生活を送れるよう、”データ消去事業”を行ってきました。そして、今回ご紹介するのが、最先端機器と歴20年の職人の技が織りなす、”データ復旧とデータ消去技術”による、”デジタル遺品サポート”サービスです。


「病気で亡くなった家族のパソコンや携帯から、生前の写真を取り出したい。
しかし、パスワードロックを解除できない・・・」


「事故で亡くなった社員のパソコンに会社の重要なデータが入っている。
しかし、データが破損していて開けない・・・」 


「亡くなった家族の使っていたパソコンや携帯電話を廃棄したいが、
個人情報等が入っている恐れがあり、安全に廃棄、可能であれば売却したい・・・」


これらは過去にご依頼されたお客様のお悩みの一部です。

もし、この記事を御覧頂いているお客様で、同様のお悩みをお持ちであれば、ぜひ、一度無料お問い合わせをご利用ください!

デジタル遺品とは?

デジタル遺品とは、実際にどのような種類があるのでしょうか?

一般的には、パソコンや携帯電話などに保存されている、クレジットカート情報、メール、自分や知人の写真、SNSのアカウント等、パソコンや携帯電話を利用しているほとんどの人が保存しているデータが”デジタル遺品”と言えます。

なぜ今、デジタル遺品管理が大事なのか

急増するデータ量とデータの種類

1970年代後半に、日系企業から初めてパソコンが販売されてから、約半世紀が経ちました。
当時と比べ、大きくコンピューター技術は飛躍的に進歩し、私たちの生活は非常に便利になりました。

デジタル遺品のリスク

デジタル遺品サポートの事例

ご遺族からの依頼例

会社からの依頼例

デジタル遺品サポート サービス内容

データサルベージが提供する価値
生前準備+故人のデータ復旧・消去(3option、完全データ復旧、部分データ復旧、完全データ消去)