データ復旧用語集 vol.114

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ復旧用語集、vol.114の今回は「レンダリング」をご紹介します。

レンダリングとは、数値データとして与えられた物体や

図形に関する情報を計算によって画像化すること。

一般的には3次元グラフィックスを描画することをさすことが多いが、

講義にはデータの可視化一般をレンダリングという。

例えば、HTMLデータを解釈してWebブラウザが画面表示を行うことなども

レンダリングと呼ぶ場合がある。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

3次元グラフィックスのレンダリングでは、

始点の位置や、

光源の数や位置、種類、物体の形状や頂点の座標、

材質を考慮して陰面消去や陰影付けなどを行って画像を作成する。

レンダリングの手法としてはレイトレーシング法、ラジオシティ法などがある。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ