リンクステーションの簡単データ復旧方法

復旧専門業者に依頼する事がベストです。※高度な論理障害や物理障害に対応した企業が良。

Buffalo製 リンクステーションの場合、最近のリンクステーションはLinuxなどで使用されるファイルシステムが使用されており、Windowsなどで認識する事はできません。

※Windowsの場合大抵がFAT系とNTFSが認識できるファイルシステムです。

歴史的にはLinkStationにも幾つかのファイルシステムが使用されています。

それらもLinuxで利用できるファイルシステムでありマウントできます。

上記に記載したように論理障害や物理障害(不良セクタ含む)が無い場合、Linuxがインストールされた端末にセカンダリ接続などでマウントする事が可能ですのでsambaなどを経由してリンクステーションに保存されたファイルをサルベージする事ができます。

最近のリンクステーションはXFSというファイルシステムが利用されています。

※ちょっと型の古いものはreiserfsやExt3のものもあります。

LinuxにもFedoraやRedhatLinuxなど種類がありますが設定方法は様々です。

リンクステーションのケース側(中のハードディスクに論理障害も物理障害も無い場合)の故障やトラブルに関しては同型(同じモデル)のケースに入れるとこれまで通り利用する事が可能な場合もあります。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800