HDL-GT2.0 LANDISK 時刻ずれている。

LANDISK Tera:HDL-GT2.0 RAID5 データ復旧事例。

「HDD4台。Disk2だけ時刻ずれている。Disk1が壊れてしまったので、Disk1のみアイ・オー・データ機器社製へ送って交換してもらったところ、使用出来なくなった。」

DISK1は、ハードウェアエラー。検証装置で検査し、R/Wヘッド不良であった。

DISK2はファームウェアに損傷が見受けられる。

データ復旧作業においてはあまりファームウェア領域は必要ないので微調整程度で終了しました。

DISK1はクリーンルームにて処置後、ハードディスクとしては正常に認識できたので、RAWイメージでコピーし、その他3台のHDDもRAWイメージコピー。

Raid構成情報も損傷していたので構成情報を新たに作成し、データの一覧を見る事ができた。ネットワークを介してファイルをコピー保存。

お客様にファイル一覧を確認して頂いてOKを頂きましたのでご納品さしあげました。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800