HDL-GT1.0 RAID崩壊モードとなった。

「HDD4台中1台壊れて2日後にもう1台のハードディスクが壊れる。サポートに連絡するとRAID崩壊と言われた。暗号化はかけていない。データ復旧お願いします。他社データ復旧サービスに依頼したが費用面でキャンセルした。」

ハードディスクはHD3とHD4が、R/Wヘッド不良によるエラー。

HD1とHD2は問題ない。

物理障害の2台を処置後、HD1~HDまでRawイメージを取得。

イメージコピーでデータ復元作業を継続。ハードディスク4台でRaidを構成するとデータ復元に失敗する。

恐らく1台が故障し故障したまま利用していたため、片肺運転になっていたのだろう。Raidの構成情報を調べ先に故障したハードディスクを非アクティブの情報に書き換え残り3台をアクティブの情報に書き換えると問題なくデータが閲覧できた。ファイル類を別のハードディスクにファイルを復元させ、データ復旧成功。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800