データ復旧用語集 vol.72

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.72の今回は「ハードコーディング」をご紹介します。

ハードコーディングとは、製品の表面を傷や汚れから守る目的で、

表面に皮膜を覆わせることである。

特にCDやDVDなどの光ディスクで読み取り部分に対して行われるものを指すことが多い。

光ディスクは超微細な凹凸を光反射によって読み取っているため、

ほんのわずかな擦り傷がついても、

読み取りができなくなる可能性がある。

特にBlu-ray Discは、DVDなどに比べてもはるかに高密度で記録を行っているため、

ちょっとした傷や汚れ読み取りエラーの原因となる恐れがある。

そのため硬質な樹脂などで表面を覆うハードコーディングによって

表面を保護する必要がある。

光ディスクの代表的なハードコーディング技術としては

TDK社の「DURABIS」などがある。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

ノングレア処理がされている液晶ディスプレイの画面や、

眼鏡などにも、

多くの場合ハードコーディングが施されている。

また、ハードコーディングには、

傷から保護する目的の他にも、摩耗を防いだり、

強度を上げたりする効果もある。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800