データ復旧用語集 vol.71

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.71の今回は「JPEG」をご紹介します。

JPEGとは、静止画像データ圧縮方式の一つ。

ISOよりセットされた専門家組織の名称が、

そのまま使われている。

圧縮の際に、若干の画質劣化を許容する(一部データを切り捨てる)方式と、

まったく劣化のない方式を選ぶことができ、

許容する場合はどの程度劣化させるかを指定することができる。

方式によりばらつきはあるが、

圧縮率はおおむね1/10~1/100程度。

写真などの自然画の圧縮には効率的だが、

コンピュータグラフィックスには向かない。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

JPEG画像をつなぎ合わせて動画にした方式を、

Motion-JPEGという。

なお、JPEGはGIFと異なり、

どこの会社にも特許などの使用料を払う必要がない画像形式だとされていたが、

2002年7月にForgent社が突然特許を保持し(いわゆるサブマリン特許)、

使用料の請求を開始して議論を呼んだ。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800