データ復旧用語集 vol.56

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.56の今回は「eSATA」をご紹介します。

パソコンに外付けハードディスクなどを接続するための

Serial ATA(SATA)インターフェイスの一種。

誤接続を防ぐため、

内蔵機器向けの通常のSerial ATAとは端子の形状等が異なり、

ケーブルなどは同じものは使えない。

電源を落とさずに機器の接続や切り離しができるホットプラグに対応し、

ケーブルの最大長は2mまで。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

転送方式や転送速度などはSerial ATAに準拠し、

最高で150MB/sの通信が可能。

これまで外付けハードディスクはUSB 2.0などで接続されていたが、

USB 2.0の最大転送速度は60MB/sであり、

近年の100MB/s以上で読み書き可能な

ハードディスクの速度に追いついていなかった。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800