データ復旧用語集 vol.46

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.46の今回は「ロードバランサ」をご紹介します。

ロードバランサとは、「負荷分散装置」という意味で、

特定のサーバが過負荷にならないようにユーザからの処理を

複数のサーバに振り分ける機能を提供する製品である。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

主に、Webサーバを対象にTCPポートやIPアドレスをベースに

トラフィックを振り分けるレイヤ4の負荷分散をするロードバランサと、

Webアプリケーションサーバやデータベースサーバなど

レイヤ7のアプリケーション情報を解釈して負荷分散するロードバランサが存在する。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800