データ復旧用語集 vol.45

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.45の今回は「DLL」をご紹介します。

Windowsにおいて、複数のアプリケーションソフトが共通して利用するような

汎用性の高いプログラムを部品化してファイルとして保存しておき、

必要に応じてメモリに呼び出して利用する手法。

また、そのようにして利用されるプログラム部品のこと。

DLLとして提供されている機能は開発せずにすむので、

アプリケーションソフトの開発効率が高まる。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

また、同じプログラム部品を複数のアプリケーションソフトで共有するので

ディスクやメモリの容量を節約できる。

WindowsはOSとしての機能の多くをDLLとして提供しており、

基本的なアプリケーションソフトならば

標準のDLLが持つ機能を呼び出すだけで構築できることも多い。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800