データ復旧用語集 vol.37

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.37の今回は「同軸ケーブル」をご紹介します。

同軸ケーブルとは、電気通信に使われる電線の種類の一つで、

断面が同心円を何層にも重ねたような形状のため、このように呼ばれる。

テレビとチューナーをつなぐケーブルや、ディスプレイケーブル、

ネットワークケーブルなどに使用される。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

銅などでできた芯線(内部導体)をポリエチレンなどの絶縁体で包み、

さらに細い導線を編んだ網状の編組線と呼ばれるシールド層(外部導体)で包み、

最後に外側をビニールなどの保護被覆で覆った構造になっている。

信号は芯線を流れる。

編組織が外界からの電磁波を遮断するため、

減退やノイズを低く抑える事ができる。

内部からの電磁波の漏洩もない。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800