データ復旧用語集 vol.36

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.36の今回は「Ethernet」をご紹介します。

Ethernetとは、Xerox社とDEC社(現Hewlett Packard社の一部)が考案したLAN規格。

EthernetはIEEE 802.3委員会によって標準化された。

アクセス制御形態には、1本の回線を複数の機器で共有するバス型と、

集線装置(ハブ)を介して各機器を接続するスター型の2種類がある。

また、最大伝送路距離や通信速度などによってもいくつかの種類に分かれる。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

10BASE-2はケーブルに細い同軸ケーブル(Thin coax)を利用した、

通信速度10Mbps、最大伝送距離185m、最大接続機器数30台のバス型LAN。

10BASE-5は太い同軸ケーブル(Thick coax)を利用した、

通信速度10Mbps、最大伝送距離500m、最大接続機器数100台のバス型LAN。

最も広く利用されている10BASE-Tは、より対線(UTP)を利用した通信速度10Mbps、

最大伝送距離100mまでのスター型LAN。

ハブの多段階接続は3段階まである。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

最近では100BASE-Tなどの通信速度100MbpsのFastEthernetの普及が進んでおり、

1Gbpsの通信を可能にするGigabitEthernetについても、100BASE-TXと

物理層の互換性が高い1000BASE-Tを中心に普及が始まっている。

なお、「Ethernet」という表現はもともと10MbpsタイプのLAN規格の名称だったが、

現在はFastEthernet/GigabitEthernetを含んだ総称としての意味合いが強まっている。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800