データ復旧用語集 vol.33

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.33の今回は「USB」をご紹介します。

キーボードやマウス、モデム、ジョイスティックなどの周辺機器とパソコンを結ぶ

データ伝送路の規格のひとつ。

本体との間であまり大容量のデータをやりとりしない機器を接続するための規格として、

USB1.1という規格名で投入された。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

しかし、当初高速シリアルインターフェイスとして予定されていた

IEEE 1394の立ち上げが遅れ、

その間にUSB1.1の普及が爆発的に進んだ結果、

CD-RやHDDなどもぶら下がるインターフェイスに変貌した。

しかし、USB1.1は最高で12Mbps(=1.5MB/s)というかなり低速でしか転送できない企画であった為、

高速転送の需要を満たすことを目的として

USB2.0(HI-SPEED USB)が策定された。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800