データ復旧用語集 vol.32

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.32の今回は「メモリセル」をご紹介します。

メモリセルとは、半導体メモリにおいて、情報の最小単位である"0"または"1"からなる

1ビットの情報を保持するために必要な回路構造のこと。

コンピュータで扱えるデータは2進数の"0"または"1"のみであり、

そのデータの最小単位が「ビット」である。

メモリはこの最小単位ビットの集合であり、

メモリセルは1ビットを表現するためのメモリの最小構成単位となる。

1つのメモリセルは電化を蓄えトランジスタのON/OFFを切り替える「しきい電圧」を

2種類用意しておくことで、

それぞれの電圧をデータの"0"と"1"に対応させ、

これを切り替えることにより1ビットの情報を蓄える。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

通常は、1つのメモリセルに1ビットのデータを記憶させる

「SLC」(Single-Level Cell)方式が一般的であるが、

半導体技術の向上により、近年では1つのメモリセルに2ビットのデータを記憶させる。

MLCでは1つのメモリセルで蓄えられる情報が2倍となる為、

メモリの大容量化を実現できる。

MLCではしきい電圧が4つになるため、

SLCとくらべてばらつきの少ない電圧分布にする必要があり、

メモリを安定動作させるためには、

より高精度な製造プロセスが必要となる。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800