データ障害復旧事例 vol.5

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ障害事例、vol.5の今回は「ソフトエラー」をご紹介します。

アナログ信号をデジタルデータに変換したり、その逆を行ったりする電子回路。

また、信号やデータを一定の規則に従って符号化/複合する回路や装置、

ソフトウェアのこと。

音声や画像の記録や伝達に用いられる。

電子機器中のメモリチップなどが何らかの原因で誤作動する現象のこと。

回路に致命的なダメージを与える「ハードエラー」と違って一時的なものであり、

すぐに故障の原因となるわけではない。

ソフトエラーにはいくつかの原因が考えられているが、

地上まで到達する二次宇宙船が大きな原因である。

地上まで到達する宇宙船のうち、電荷をもつα線などはメモリセルに衝突した際に

メモリセルに蓄えられた電荷量の値を乱してしまうためにメモリエラーの原因となる。

また、電荷をもたない中性子線などはメモリのシリコン基板に衝突した際に

基板原子を破壊してしまい、

その際のエネルギーにより発生したイオンに由来するメモリエラーの原因となる。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

メモリチップにソフトエラーが生じて場合であっても、

ECCなどエラー訂正機能がメモリに備わっていれば、

通常の頻度で生じるソフトエラーに対して十分に対処できるとされている。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800