データ復旧用語集 vol.20

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.20の今回は「DRAM」をご紹介します。

DRAMとは、半導体記憶素子のひとつ。

読み書きが自由に行えるRAMの一種で、コンデンサとトランジスタにより

電荷を蓄える回路を記憶素子に用いる。

情報の記憶は電荷によって行われ、電荷は時間と共に減少する事から、

一定時間毎に記憶保持のための再書き込み(リフレッシュ)を行う必要がある。

コンピュータの電源を落とすと記憶内容は消去される。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

SRAMに比較して回路が単純で、集積度も簡単上げる事ができ、

価格も安いため、コンピュータのメインメモリはほとんどがDRAMである。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800