データ復旧用語集 vol.16

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.16の今回は「ストレージ」をご紹介します。

ストレージとは、コンピュータ内でデータやプログラムを記憶する装置。

ハードディスクやフロッピーディスク、MO、CD-R、磁気テープなどがこれにあたる。

磁気的に記録を行うものが多いため、記憶容量が多く、

電源を供給しなくても記録が消えないという特徴があるが、

動作が遅く、CPU(中央処理装置)からは内容を直接読み書きする事が出来ない。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

コンピュータ内にはこれと別に、

半導体素子を利用して電気的な記録を行う、主記憶装置(メインメモリ)が装備されており、

利用者がプログラムを呼び出して加工を行う際には必要な分だけ

主記憶装置に呼び出して使い、

長期的な保存には外部記憶装置が使われる。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800