データ障害復旧事例 vol.2

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ障害事例、vol.2の今回は「ハードディスククラッシュ」をご紹介します。

そもそも「クラッシュ」とは、アプリケーションやOSが突然異常終了することや、

ハードディスクが故障することをいいます。

まず、アプリケーションやシステムのクラッシュは、

ソフトウェアのバグによるもののほかに、ハードウェアの不具合や、

メモリ不足やディスクの空き容量不足などによっても発生します。

ひとたびクラッシュを起こしてしまうと、作業中のデータは失われてしまう事になります。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

一方、ハードディスクのクラッシュは外部からの衝撃や老巧化などによって起こる。

ハードディスクのディスクとヘッドの間隔は非常に小さいため、

動作中に外部から強い衝撃を与えると、

ディスクとヘッドが接触し、ディスクに傷がついてしまい使用不可になってしまう事もあります。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

この場合も同様に作業中のデータは失われてしまう事になります。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800