データ復旧用語集 vol.14

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.14の今回は「パーティション」をご紹介します。

パーティションとは、ハードディスク内の分割された領域のことをいいます。

一台のハードディスクを複数の領域に区切って、

あたかも複数台のハードディスクが存在するかのように利用する事が出来ます。

分割できる個数や容量は、OSやマザーボードのBIOSなどの対応状況により異なります。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

パーティションごとに違うOSをインストールして、

複数のOSを1台のハードディスク内に共存させることも可能です。

また、パーティションを「OS用の領域」、「データ用の領域」などと分けておけば、

ファイル焼失などの事故が起きた際に、

被害を最小限に抑える事が可能です。

小容量のパーティションを多数作っておけば、

読み書き時の最小単位であるクラスタのサイズも小さくすることができ、

ハードディスクの使用率を上げる事ができる。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800