内蔵ハードディスクの天敵は?

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

皆様、内蔵ハードディスクの天敵、ご存じですか?

内蔵ハードディスクの天敵は、「衝撃」だといわれています。

そこで今回は、気をつけたい内蔵ハードディスクの取扱についてご紹介します。

1. ノートパソコンを持ち歩く際は、必ず電源を切る。

ノートパソコンを持ち運ぶときは、細心の注意が必要です。

電源が入ったまま持ち運ぶと、衝撃によりハードディスクが壊れてしまう可能性があります。

※持ち運ぶ際は電源を切り、液晶を閉じましょう。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

2. 書き込み中はパソコンを動かさない。

ハードディスクにデータの書き込みを行っているときは、パソコンを動かさないようにしましょう。

※本体のランプでデータを読み書きしているかどうかを確認しましょう。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

3. 使用していないパソコンは電源オフ

「スタートメニュー」から「コントロールパネル」を選択します。

その中から、「パフォーマンスとメンテナンス」を選択し、

次の画面で「電源オプション」をクリックします。

下記画像の「ハードディスクの電源を切る」を設定し、最後に必ず「OK」をクリックし、

設定を反映させる。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ
以上、3項目は内蔵ハードディスクを長持ちさせる秘訣になります。

今日から意識して心掛けましょう。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800