データ復旧用語集 vol.8

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.8の今回は「CPU」をご紹介します。

コンピュータを構成する部品の一つで、各装置の制御や

データの計算・加工をする装置のこと。

メモリに記憶されたプログラムを実行する装置で、

入力装置や記憶装置からデータを受取り、演算・加工したうえで、

出力装置や記憶装置に出力します。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

1回の命令で同時に処理できるデータの量によって、

8ビット、16ビット、32ビットなどの種類があり、値が大きいほど性能が高い。

また、同じビット数でも、1秒間に実行できる命令の回数(Hzであらわせれる)や、

バスと呼ばれる周辺装置とのデータ伝送路が一度に運べるデータの量(ビットであらわされる)、

バスが1秒間に行える転送の回数(Hzであらわされる)などに違いがあり、

これらの数値が高いものほど性能が高い。

厳密には、一つの命令を行うのにかかるクロック数や、

同時に実行できる命令数などの違いにも影響されます。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800