データ復旧用語集 vol.5 前半

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.5の今回は「ハードウェアとソフトウェア」のご紹介をします。

前半は「ハードウェア」のご紹介になります。

コンピュータを構成している電子回路や周辺機器などの物理的実体のことを言います。

ハードウェアは大きく分けて、プログラムに従ってデータの加工や演算を行う処理装置と、

プログラムやデータの保存を行う記憶装置、人間がデータや指示の入力を行う入力装置、

処理結果を外部に知らせる出力装置の4種類があります。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

現在使われているコンピュータの多くは、処理装置にマイクロプロセッサ、

記憶装置に半導体メモリや磁気ディスク、

入力装置にキーボードやマウス、出力装置にプリンタやディスプレイを用いています。

後半は、「ソフトウェア」をご紹介します。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800