データ復旧用語集 vol.2

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.2の今回は「スワップ」をご紹介します。

メモリ容量を増やすOSの機能の一つ。

ハードディスク上に「スワップファイル」と呼ばれる専用の領域を確保して、

メモリ容量が不足してきたら使われていないメモリ領域の内容を一時的に退避させ

必要に応じてメモリに書き戻す動作のことを「スワップ」といいます。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

そうした機能を用いて確保された実際のメモリ容量以上のメモリ領域を

【仮想メモリ】(仮想記憶)という。

ハードディスクはメモリより遥かに低速のため、

スワップ動作が頻繁に起こると、処理速度は低下する。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800