パソコンの操作を快適に!!数か月に一度の最適化(デフラグ)

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

今回は、メモリの最適化(デフラグ)の手順をご紹介します。

パソコンを仕事や日常生活で使用していく中で、

私たちは要らないデータを消したり、新しいデータを追加したりしています。

その結果、関連性のあるデータでも飛び飛びに保存されてしまい、

分散したデータを読み込むために、ハードディスクは余計な動作をすることになり、

故障の可能性は増大してしまいます。

上記の事態を防ぐため、バラバラになったデータを並び替え、

データを読み込みやすくする必要があります。

その作業がメモリの最適化(デフラグ)になります。

最適化(デフラグ)の手順は以下の通りです。

1. マイコンピュータのハードディスクドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2. 「プロパティ」画面で「ツール」タブをクリックし、【最適化】を選択します。<※1参照>

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

<※1>

3. 「分析」ボタンをクリックし、状態をチェックします。

4. 「最適化してください」と表示された場合のみ最適化を実施してください。

【注意】

最適化は数カ月に一度実施してください。

頻繁に実施しすぎてしまった場合、かえってハードディスクの寿命を縮めてしまう可能性があります。

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800