データ復旧用語集 vol.111

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ復旧用語集、vol.111の今回は「68000」をご紹介します。

68000とは、Motorola社の16ビットマイクロプロセッサ(MPU)。

正式にはMC68000という。

1979年に発表され、パソコンのCPUとして、

Apple社のMacintoshやSHARPのX68000に採用された。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

16ビットMPUながら、32ビットへの移行を考慮して内部レジスタは

32ビット長になっている。

アドレスバスが24ビットであるため、16MBの物理メモリに直接アクセスすることができ、

プログラマの間では評価の高いMPUであった。

後継プロセッサには、MC68010、MC68020、MC68030、

MC68040、MC68060などがある。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800