データ復旧用語集 vol.108

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ復旧用語集、vol.108の今回は「ムーアの法則」をご紹介します。

ムーアの法則とは、世界最大の半導体メーカー、

Intel社の創設者の一人であるGordon Moore博士が

1965年に経験則として提唱した、

「半導体の集積密度は18~24ヶ月で倍増する」という法則。

この法則によれば、半導体の性能は指数関数的に向上していくことになる。

実際には、集積密度の向上ペースはこれより鈍化しているが、

「集積密度」を「性能向上」に置き換えて考えると、

この法則は現在でも成立しているとされ、

今後の半導体の性能向上を予測する際の指標として広く用いられている。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

このことから、この法則を「半導体の性能向上は・・・」と表現する例もある。

ただし、ムーアの法則は半導体の微細加工技術の発展を根拠としているため、

2010年代には微細化が原子レベルにまで到達してしまい、

ムーアの法則は通用しなくなると予想されている。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800