データ復旧用語集 vol.103

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.103の今回は「LTO」をご紹介します。

LTDとは、IBM社、Hewlett-Packerd社、Seagate Technology社の3社が

共同で策定した磁気テープ記憶装置の規格。

大容量、高速読み書きを目指したテープ規格で、

特に大容量を指向した「LTO Ultrium」(ウルトリウム)と、

特に高速読み出しを指向した「LTO Accelis」(アクセリス)の2種類の規格がある。

製品化が先行したLTO Ultiumは1998年4月に最初の規格が公開され、

2000年8月に最初の製品が出荷された。

現在の規格は2002年4月に公開された第2世代で、

転送速度40MB/s~80MB/s、テープ長580mで容量400GB(データ圧縮時)を実現している。

LTO Ultiumのテープカセットは105.4mm×102.0mm×21.5mmの

ほぼ正方形をしていて、このカセット内に幅0.5インチ(約13.5mm)、

長さ580mmのテープを格納する。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

LTO Ultiumについては4世代に渡る今後のロードマップも示され、

第2世代に続く第3世代では80MB/s~160MB/sの転送速度、

テープ長800mの仕様で第2世代の倍の容量800GBのもの、

さらに第4世代では転送速度を160MB/s~320MB/sに高めた容量1.6TBのものが

計画されている。

LTOはDLTやDATなど他の磁気テープ規格の対抗馬として登場したもの、

規格策定から製品の登場まで2年余りを要し、

さらには200年に発表予定としていた第2世代の規格も

2002年4月にようやく発表されるなど、

必ずしも順調とはいえない状況にある。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800