データ復旧用語集 vol.98

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.98の今回は「FAT」をご紹介します。

FATとは、MS-DOSやWindowsなど、

Microsoft社製のOSで利用されるファイルシステム。

単に「FAT」という表現を使う場合はFAT16を指すのが通常。

フロッピーディスクやハードディスクの中に記憶されるデータの管理を行う。

Windows3.1などで使われていたFAT16では、

ディスクを2の16乗(=65536)個の小さな単位(クラスタ)に分割して管理していた。

しかし、大容量のハードディスクが増えるにつれて効率が悪くなってきた上、

2GBを超えるサイズのハードディスクでは必ず複数のパーテションに分割して

使わなければいけないといった制限が出てきた為、

Windows95 OSR2では、FAT32と呼ばれる新しい方式がサポートされた。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

FAT32では、ディスクを2の32乗(=約42億)の小さな単位に

分割して管理するため、

FAT16と比べてハードディスクを効率よく利用できるようになった。

一方、Windows NT/2000/XPなどでは、

ファイルが破損する恐れを最小限にとどめ、

ファイルごとにアクセスできる人を指定する機能などを持つNTFSが採用されている。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800