データ復旧用語集 vol.92

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.92の今回は「同期」をご紹介します。

同期とは、周期やタイミング、内容を同一に備えること。

コンピュータ内部やマイクロプロセッサ内部では、

データの処理や回路間での送受信にずれが生じないよう、

一定に周波数の信号に合わせて手順を進めるよう構成されている。

また、コンピュータと外部の機器、あるいは通信回線を通じてのコンピュータ間の通信でも

送信側と受信側でタイミングがずれないよう一定のテンポに従って

信号を送り出すようになっている。

プログラミングの分野では、

複数のプログラミングが並列に実行されているとき、

同じ記憶領域に同時にアクセスしてしまって内容の整合性が失われるを防ぐ

制御のなどの事を同期という。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

また、同じデータを複数の場所に保持しているときに、

一か所でデータが更新されると

他で保持されているデータにも変更が自動的に反映され、

常に同一性が保持されるソフトウェアの機能なども同期と呼ばれる。

これは、デスクトップパソコンに保持されているデータをノートパソコンや

携帯情報端末にコピーして持ち歩く際などに利用される。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800