データ復旧用語集 vol.90

データ復旧 のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.90の今回は「PCIバス」をご紹介します。

PCIバスとは、パソコン内部の各パーツ間を結ぶバス(データ伝送路)の規格。

Intel社を中心とするPCI SIG(Special Interest Group)によって策定された。

長い間業界標準だったISAバスに替わる標準規格として急速に普及し、

現在はほとんどのパソコンに採用されている。

最初のPCI規格は、バス幅(1回の転送で遅れるデータ量)32ビットで

動作周波数(1秒あたりの転送回数)は33MHz。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

最大データ転送速度は133MB/sであった。

最新に規格ではバス幅64ビット、

66MHz動作で最大533MB/sの高速な仕様も規定されている。

また、PCIをサーバ向けに拡張したPCI-Xという規格もある。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データ修復・復元 のお問い合わせはデータサルベージへ

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800