データ復旧用語集 vol.86

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ用語集、vol.86の今回は「W3C」をご紹介します。

WWWで利用される技術の標準化を進める団体。

WWW技術に関わりの深い企業・大学・個人などが集まって、

1994年10月に発足した。

W3Cの設立にはマサチューセッツ工科大学(MIT)や、

WWWが開発された欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)などが

大きな役割を果たしている。

現在では、マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、

フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)、

日本の慶応義塾大学SFC研究所(Keio-SFC)がホスト機関として

W3Cを共同運営している。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

なお、2003年1月には、

このうちINRIAがホストから抜ける予定で、

INRIAに代わって欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)が欧州からの

ホスト機関として参加する。

ERCIMはINRIAやFraunhofer-Gesellschaftなど、

欧州各国の研究機関からなる組織。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800