データ復旧拡張子辞典 vol.6

データ復旧のデータサルベージ 、今日の記事

データ復旧拡張子辞典、vol.6の今回は「.html」をご紹介します。

読み方 : エイチティーエムエル

.htmlとは、Webページを記述するためのマークアップ言語。

W3Cが作成している規格で、

最新版はHTML 4.01。

HTMLは文書の論理構造や見栄えなどを記述するために使用される。

また、文書の中に画像や音声、動画、

他の文書へのハイパーリンクなどを埋め込むこともできる。

HTMLで記述された文書を閲覧するには通常Webブラウザを使用する。

しかし、HTML文書はテキスト文書の一種であるため、

テキストエディタでHTML文書を開き、

タグごとテキスト文書として読書きすることも可能である。

データ復旧,データ復元のデータサルベージ

HTMLはもともとSGMLの部分集合として策定されたが、

現在はSGMLの目的とはかなり異なる、独自の進化を遂げるに至っている。

HTMLは本来文章の論理構造を記述する言語であったが、

主にWebブラウザメーカーによる度重なる拡張の結果、

単なる見栄えを記述するタグが大量に取り込まれた。

しかし、HTML 4.0では文書の論理構造を記述するという

本来の目的に立ち返り、見栄えの記述はCSSを使って行うように改められた。

現在は、HTMLをXMLに準拠した仕様になるよう改良した

XHTMLがW3C勧告として公開されている(最新版はXHTML 1.1)。

W3Cの仕様策定の主軸は既にXHTMLに移行しており、

今後はXHTMLがHTMLに代わり、

Webページ記述言語として徐々に浸透していくものと考えられている。

ハードディスク修復・ハードディスク修理

データサルベージについて

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています

お問い合わせ番号

データサルベージ 株式会社ブレイバー

お電話でのお問い合わせ

050-1745-9800