データ復旧はデータサルベージ

お知らせ

WD1600JSのPCB交換

投稿日:2019-05-29 更新日:

メーカー

Western Digital

型番

WD1600JS-40NGB2

品目

3.5インチ内蔵HDD

症状

急にPCで認識されなくなった、HDDの動作音もほとんど聞こえないとの事で 弊社へご相談に来られました。

作業内容/結果

診断の結果、HDDの制御基板でPCBと呼ばれるパーツの故障が
疑わしいと判断しました。
PCB基盤は基本的に正常な同型製品と交換しても動作しないことが多いです。
なぜならPCBはHDD本体との紐付けされているパラメータを読み取り動作しているからです。
ですので今回の場合は、まず障害HDDとドナーHDDのPCB基盤についている
制御チップの移植作業をおこないました。

※チップ移植は主にハンダゴテや専用の機材を使用して作業を行う為
例えドナーを探し当てたとしても、ご自身でこのような作業を行う場合は、相応のリスクが生じますのでご注意ください。

チップ移植後は問題なく動作確認が取れたので、無事納品となりました。

111042

-お知らせ

データ復旧を生業として15年の経験を持つ企業です。その経験の中で感じた事は、高額費用の内訳はほとんどが、技術研究費と人的工数です。当社ではこの人的工数を大幅に削減をしたシステムを導入し低価格でかつ高品質なデータ復旧サービスを提供しています。

データサルベージ 株式会社ブレイバー